恋愛

禁断の恋愛術「小恋愛FX」~恋愛とFXは相通ずる

損失に備えて「ストップロス」を設定する


FXとは「Foreign Exchange」の略で「外国為替証拠金取引」のことをいいます。 「日本円→米ドル」など、相場の変動を利用して、通貨を買ったり売ったりして利益をだします。


FXにおいてストップロス(損切り)は重要

新規に売買注文を出す際に、多くのFX指南書が同じことを強く推奨しています。

それは「ストップロスを設定する」ということです。

ストップロスというのは日本語に訳すと損切りのことで、相場が思惑と反対方向に行ってしまった時に、一定のラインで損失覚悟の売買を成立させ、それ以上の損失拡大を防ぐという手法です。

ロスカットと微妙な違いですが、ロスカットとはFX業者が強制的に行う損切りです。

FX業者毎に「これ以上損失を出さないために幾らになったら強制的に損切りしますよ」というルールが明示されています。これがロスカットルールと呼ばれるものです。

ストップロスはご自身で設定する損切りルールです。

通常強制的にロスカットされると証拠金の大半を失う状況になってしまいす。これでは再取引が難しくなりますよね。

そこで自分で何パーセントの損失になったら「損切り」をして、資金(自分)を守る必要があるのです。

初心者のころは売買注文を出す時というのは利益が出ることしか想定していません。

恋愛では、あまくせつなくもハッピーエンドな。。。

そんな期待を胸に抱きながら注文(お付き合い)を出すわけですが、毎回必ず相場観が当たるわけではありません。

思惑とは反対方向に行ってしまうことが必ずあります。

そんな時にどうするかというのが、初心者と上級者の分かれ目になります。


FX初心者というのは含み損がどれだけ出ていても「いつか相場は回復する」という信念(?) を持ち続けて、相場の回復を待ちます。

本当に回復することもあると思いますが、 そうではなくトレンドが生まれてしまってさらに売買成立のポイントから相場が

離れてしまうということもあります。だんだん損失が大きくなってくると不安も大きくなります。

「あの時に損切りしておけば…」

恋愛的には「あの時に別れてておけば…」


と思っても後の祭。損失が拡大したところで強制的なロスカットによって預けていた 証拠金の大半が吹き飛んでしまうという

結末となります。


ストップロスというのはこれを防ぐために自発的に入れておく損切り注文です。「ストップロスを置く」とも呼ばれます。

相場にはいくつものターニングポイントがあるので、そのポイントをブレイクしてしまったら 相場が一気に加速していくことがあります。

底なしの大恋愛のような。。。

 

取り返しのつかないところまで相場が進んでロスカットに引っ掛けてしまったら、市場から退場となってしまいます。

悲劇的な恋愛の結末のように。。。二度と恋愛できなくなるような

退場とならない手前の方に自分でストップロスを置いておくと、損失を最小限に食い止めることができるというわけです。

恋愛的には小恋愛ですね。。。


相場が思惑と反対方向に進んでしまったら、いつまでも未練たらしく回復を待ち続けるよりも、潔く、

スパッと今のポジション(彼)と別れてしまいましょう。

ちなみに損切は男性より女性の方が上手いという話もあります。恋愛における別れ方にも通じるのでしょうか…。

どちらかというとFXで大損するタイプはやはり大恋愛派ですかね。。。


恋愛FX,恋愛,風水,占い,習慣,開運

投資顧問会社がFX成功の秘訣を無料公開


FX

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.