恋愛

恋愛推理学②

傷つくのを恐れず気持ちをぶつけ合う

現象 自分から折れない

彼から電話がこないこと気にしながら、絶対自分からはかけない私。

相手を好きになればなるほど、素直になれなくて、結局関係が進展していかないのだ・・・


推理 形のない愛が怖い

素直になれない気持ちは、彼の気持ちが確認できない不安から生まれる。

「彼は本当に私を愛しているのだろうか」という疑問があるから

素直に愛情を表現して拒絶されるのが怖いのだ。

だが形のない愛をどうしたら確認できるのだろうか。

言葉もセックスも贈り物の値段も、明確な愛の確認にはならない。

つきつめればプロポーズされて初めて確認できるということなのだろうが、だからといって

ほかの男の影をちらつかせたり、妊娠騒ぎをおこしたりして、彼からその言葉をもぎとっても、

きっと疑惑は消えないだろう。

ちょっと頭のいい女なら、それが想像できるから、結局何もできない。

かといって無防備に愛情表現をして、疎まれでもしたら、立ち直れないほど

傷ついてしまうかもしれない。

かくしてやっぱり素直になれず、時を浪費するうちに、恋を失っていく・・・

というのがこのタイプのパターンなのだ。


解決 拒絶があって当然

たとえ相手が好きでも嫌いでもない人だとしても、愛を告白されたら

あなただって嬉しくないはずはない。

だがそれと「つきあってみようか」という気持ちになるかどうかは、別の話。

もしもあなたが「気持ちは嬉しいけどつきあえない」といった言葉に、相手が

非常に傷ついたりしたら、それこそ不本意というものだろう。

あなたの好きな彼も同様だ。

要するに拒絶されても傷つかないココロを育てることが大切だ。

恋愛推理学③へ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.