人生いろいろ

失恋 破滅

「運がワルイ女」体験記 pert1

信じられないことはなぜか次々起こる
真面目一直線の行く手には静けさが待つ

学生時代は成績優秀。

どんな遊びの誘いにもほとんど耳をかさず、ノートはいつも完璧と評判だった。

それがいきなり社会人デビューを果たし、それまで付き合っていた東大卒、大蔵省勤務の男とは別離。

バブルのころには「六本木君」と友人の間で噂された男に尽くし、結局某広告代理店の男と結婚。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.