失恋 破滅

「運がワルイ女」体験記 pert2

信じられないことはなぜか次々起こる

たった一夜の幸せだった!?

B子は美人でスタイルもそこそこ。

なのに抜けた性格が災いしてか、まったく男に縁がなかった。

お見合いパーティーにもにもマメに出席したが、収穫は0

ある日、偶然知り合った男と意気投合、意を決してホテルへ。

ところがその帰り、彼の運転していた車は居眠り運転で電信柱に激突。

鼻を打ったが必死にこらえ、落ち込む彼をなぐさめ事故処理に一晩つき合った。

幸い彼に怪我はなかったが、翌朝、彼女の鼻は10倍ぐらいに腫れ上り

あわてて病院にいくと鼻骨骨折。

唯一自慢の顔はその後鼻が曲がり、しかもその男からの連絡も一切途絶えた。(24歳・アパレル)

 

バブル運もはじけたら

会社ではお局と化したC子は「もう結婚は諦めた」と生活を切り詰め貯金に勤しむ毎日。

年金に入りマンションも購入したが、バブル崩壊で値段は暴落、手を出した株も大損。

人生設計を一からやりなおしてる。(31歳・商社勤務)


年末の盛り上がりに賭けたのに

年末、カウントダウンのフォーマルパーティ―のために、ドレスから靴、バックまでボーナスで買い、

いい男探しに賭けていたD子であったが、あろうことか美容院を出ようとして転び、顔面血だらけ。

大騒ぎで救急車で運ばれ病院へ。

前歯を2本折ってしまった。

ドレスは真っ赤にそまり、もちろんパーティ―に出席するどころの騒ぎでない。

おまけに年末年始で歯医者も休み。

応急処置はしたものの、歯無しの顔では人前にも出られず、

結局お正月も家にこもったままだった。(25歳・デザイナー)

 

大恋愛の果て、こんなはずでは

大不倫の果て、彼は奥さんと離婚。

5年越しの恋はやっと実を結んだかに見えた。

彼はマメな男で料理、洗濯、掃除と家事もなんでも手伝ってくれる。

ところが、元奥さんの実家の会社の社長をしていた彼は当然職を失い。

そのうえ慰謝料と養育費で食事にも困るありさま。

自分も親と断絶し、残ったのは今更あまり好きになれない、ただの疲れたオジサンだった。(31歳・主婦)

 

なぜ私が?見合いに罪あり

親に説得され渋々お見合いを決意。

初めての見合い相手は32歳だった。

農家の長男、両親健在、同居が条件、姉妹が5人。

顔はスケベおやじそのもので、写真を見た瞬間から絶対断ろうと思っていたのに、

先方から先に断られてしまった。

しかも断りの理由が「まだ結婚する年齢でないので」。

これ以上ばかばかしい見合いの断り方があるだろうか。

しかも校長の紹介だったので、わたしのプライドはズタズタだ。(32歳・教師)


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.